生長の家岡山県教化部
生長の家の教えとは 沿革 環境への取り組み 吉備だより
組織だより 吉備連成会だより 今週の智慧の言葉 教化部・各道場のご案内 リンク

 相愛会 | 白鳩会 | 青年会 | 講師会 | 栄える会 | 生教会
 
講師会だより10月号
 
講師快調 
 地方講師会長 渡辺咲恵
合掌 ありがとうございます。
 あちこちで金木犀が香り、虫の音色に季節の変化を感じます。
 9月度の講師研修会には、123名の講師の皆様にご出席頂き、実りある研修会となりましたこと、また、日々講習会の推進にご尽力いただいておりますこと、心より感謝申し上げます。
 12月8日の講習会まで約2か月となりました。
 
「その人生を実りある、生きがいのあるものにするためには、自分の殻に閉じこもらず、人のために行動することだ。人が生き甲斐を感じ喜べるのは、自分の人生が周りの誰か、あるいは社会のために役に立っているという実感が得られるときである。」
                          『46億年のいのち』125頁より抜粋

 私達講師は、一人ひとりが初心の気持ちで講習会へ声掛けをし導くことで、相互に喜び合って、実りある生きがいのある人生を実感してまいりましょう。     
                                         再拝
 
9月度地方講師・光明実践委員研修会
 9月29日(日)令和元年9月度地方講師・光明実践委員研修会が開催されました。
 研修1、誌友会出講のための研修では、相愛会、白鳩会でそれぞれのテーマに沿って2名の講師より体験を交えた研修発表。「ブックレットシリーズ3を読んで」では立憲主義の特徴や安倍政権の問題点等、講師自身の葛藤から勉強され今回の研修発表に取り組まれた経緯を交えての発表。続いて「招神歌の練習」、「笑いの練習」、また、「喜びの発表」は挙手または指名制で1分間スピーチで発表して頂きました。その後、澤田伸史教化部長よりご指導を頂きました。
 相愛会誌友会では、テーマ「感謝の生活を送ろう」では、テキスト『幸福生活への招待20章』より引用され、【心によって一切のものが動く】【感謝の念の中に神は顕れる】【感謝の念が幸福を引き寄せる】、『栄える生活365章』より【どんな恵みにも感謝せよ】【感謝と信仰と悦びの種子を蒔いて】、またサブテーマ・「自然に包まれた生活」では、先般行われました若い白鳩のための学習会で、新庄村の〝ゆりかごの森〟での自然体験実践を踏まえ、私達の生命体は細菌と共生し、自然と共に生かされている神様の素晴らしい働きがあること、自然に与え返す生き方の大切さを説かれました。
 白鳩会誌友会では、テーマ「いくつになっても輝き続ける」ではテキストに『新版 生活の智慧365章』『46億年のいのち』を使われ、【心と生理作用】【心豊かな生活】【健康な暮らし】の項目に分けてご指導下さいました。
 研修2は「〝新しい文明〟のための倫理的生活の実践」と題し、『46億年のいのち』「機関誌6月号」より引用されご指導下さいました。気候変動の危機的な現状を訴えられている東大名誉教授山本良一先生の、満員の映画館で誰かが「火事だ!」と叫んだらどうすべきかを、地球温暖化問題にこれをあてはめ、地球には脱出口は無く、直ちに全員で温室効果ガスの排出量を削減し(消火)しなければ全員が死亡する大変な事態を招くことは明らかで、すでにあらわれ始めている気候非常事態に対応しなければならないと述べられました。又、今、世界を動かしている高校生スウェーデンの環境活動家、グレタ・タゥーンベリさんの訴え、さらに、谷口純子先生が出合われた著書「小さな地球の大きな世界」を紹介され、地球の限界(プラネタリー・バウンダリー)を超えていることを知り、豊かな自然を取り戻すこと等、私達生長の家の倫理的な生活に実践していくことをご教示下さいました。そして12月8日の講習会に向け、常に神様の命が吾れの命であることを知り、意識を拡大して神様と共に行動する、まずは講習会が開催されることを伝える「種まき」を到る所にしましょうと、ご指導下さいました。 (参加者123名)
 
9月度母親教室出講講師勉強会
 9月18日(水)、母親教室出講講師勉強会が開催されました。
 まず、10月の母親教室出講テーマ「幸せな食卓・食卓にノーミート料理を」に沿って2名の講師による研修発表。その後、今回で4回目となりました「講話力向上のための1分間スピーチ」に取り組みました。
 『求道と伝道のために』162頁「講話力養成のための心得」を抜粋して説明の後、テーマ1「母親教室に出講した際、新人さんや若いお母様に講習会の推進をする場面を想定し、講習会の良さや、魅力を伝える」。テーマ2「講習会での過去のエピソード(推進の喜びや、初めて参加した時の感想等)を交え、これまでの信仰を今回の講習会でどのように生かし推進していくか(目標・決意等」から選んで原稿を作り、その後グループに分かれて1分間のタイムをはかり1人ずつ発表しました。
 限られた時間の中で、いかに伝えたいことを分かりやすく表情豊かに、そして常に時間配分を頭に入れて講話をするか、講話力の向上を目指し実修しました。その後、澤田伸史教化部長により研修テーマのポイントと、まとめのご指導をいただきました。 (参加者51名) 
 
 
 

 
10月度 誌友会の「テーマ」と「テキスト」のご案内
            
  テーマ テキスト
相愛会誌友会 「感謝の生活を送ろう/自然に包まれた暮らし」 『幸福への招待20章』
「いのちの環」10月号
「生長の家」10月号
相愛会・白鳩会合同-家族で参加出来る誌友会 テーマ・テキストは、相愛会・白鳩会誌友会のテーマ・テキストを参照 
白鳩会誌友会 「幸せなシニアライフ」 『46億年のいのち』
『新版 生活の智慧365章』
「白鳩」・「いのちの環」・「日時計24」・「生長の家」10月号
白鳩会壮年の
誌友会
  各会場で違いますのでお問い合わせ下さい
白鳩会母親教室 「しあわせな食卓/食卓にノーミート料理を」 『生長の家ってどんな教え?』
『平和のレシピ』
「日時計日記」
「白鳩」10月号
青年会誌友会
(ヤングミセス)
白鳩会母親教室のテーマ・テキスト 
青年誌友会
(誌友会、花のつどい) 
「今日という一日を大切に生きる」 「日時計24」10月号
栄える会例会 「“無限”を実現するには」 『新版 栄える生活365章』
『憲法を知ろう』
「七宝の塔」10月号
 
    
宗教法人 生長の家 岡山県教化部  copyright2005 SEICHO-NO-IE All rights reserved.