生長の家岡山県教化部
生長の家の教えとは 沿革 環境への取り組み 吉備だより
組織だより 吉備連成会だより 今週の智慧の言葉 教化部・各道場のご案内 リンク

 相愛会 | 白鳩会 | 青年会 | 講師会 | 栄える会 | 生教会
 
 
講師会だより3月号
 講 師 快 調 ◆ 
 地方講師会長 渡辺咲恵
 合掌ありがとうございます。
 木々や花が芽吹き始める様子に、春の訪れを感じる季節となりました。日頃より講師活動にご活躍の事、感謝申し上げます。
 生長の家は立教90年を迎え、生長の家春季記念日・生長の家総裁法燈継承記念式典において、総裁・谷口雅宣先生のお言葉の中で「地球環境と共に生きている人類は環境の一部である」「宗教本来の活動が毎日の生活の仕方を変えることででき、しかも〝苦行〟ではなく、自然の恩恵をいっぱいに感じる〝楽行〟によってできる」と示されました。また、御著書『凡庸の唄』の中で〝横に伸びる〟ことの大切さについて書かれています御文章を一部抜粋してご紹介します。

 本当の意味での「向上」とは、単に自分を規模や能力において〝上に伸ばす〟ことではなく、他者との関係で善性や倫理性が〝横に伸びる〟ことが伴わなければならないのである。

 12月8日の講習会に向け運動が活発になっていきます。この素晴らしい御教えを多くの方にお伝えすべく講師としての使命感を持って邁進して参りましょう。
                                     再 拝
2月度地方講師・光明実践委員研修会
 2月24日(日)、2月度地方講師・光明実践委員研修会が開催されました。
 冒頭で西田繁代講師に教化員の辞令が授与されました。
 研修1の3月誌友会出講のための研修では、相愛会は「実践しよう、自然と調和した生き方を」のテーマ、白鳩会は「リメイクでエコな暮らし」のテーマについて、講師より体験を交えた発表があり、続いて「誌友会のためのブックレットシリーズ4を読んで」の発表がありました。また、「招神歌の練習」では、担当講師の説明の後、隣同士でペアになり交互に声を出して正しい節の練習をしました。
 続いて澤田伸史教化部長より相愛会誌友会について、私達の生き方は平和を脅かす生き方ではなく世界平和の実現であり、これを実現するためには敵と見ず全てが繋がった兄弟姉妹である。人間だけでなく自然にも心を配って調和した生き方にしていかなければならない。地球にミツバチがいなくなると自然界のバランスが崩れ、人間が住めなくなるとご指導いただき、お昼の時間に「みつばちと地球とわたし」というドキュメンタリー映画のダイジェスト版を拝観しました。
 白鳩会誌友会について、白鳩誌の7頁~9頁を引用され、手作りをしてみると心に充実が生まれる。すばらしい循環をしながら世界の平和を目ざすのが生長の家であると示されました。 
 研修2では『ムスビの概念の普遍性を学ぶ』をテキストに使われて、23頁~第1章の最後までを解説されました。人類の中には共通する元の形、元型がある。現象的に我々が病んでいるのが本質ではなくて病んでいないのが本質なので、集合的無意識と個人的無意識のムスビの働きによって新しい価値をさらに顕し出そうという働きがある。不都合が起こると助けようという働きが起こる。この助けようという働きが、生長の家で言うところの観世音菩薩の導きという働きが我々の中に宿っているという事です。ムスビの概念は普遍性です。すべての物事の中に通じる性質を備えているのがムスビの働きなんだという事です。心理学を研究して突き詰めていくと、我々の心の中にもムスビがあるし、観世音菩薩の働きがある、ということが結論です。(参加者116名)
 
2月度母親教室出講講師勉強会
 2月20日(水)、2月度母親教室出講講師勉強会が開催されました。2名の講師によるテーマ「美しい地球を子供たちに・平和の種をまきましょう」に沿った発表。続いて「講話力向上のための1分間スピーチ」に取り組みました。主旨説明の後、実際にスピーチの原稿を各々作り、その後グループに分かれて、ストップウォッチで時間を測りながら一人ずつ発表し、発表に対してコメントをしていきました。今回のスピーチのテーマは「日時計日記について」。参加講師の皆さん、時間を測る事への緊張感を持ちつつ、ほぼ1分にまとめられ、歓声も上がりながら楽しい実修となりました。母親教室に参加される若いお母様や、新人さんにも分かりやすく御教えをお伝えするため、魅力ある講話力を身につけてまいりましょう。
 母親教室出講講師勉強会(単独開催)は全女性講師が参加対象者となりました。
 次回、単独での母親教室出講講師勉強会は4月17日(水)です。(参加者48名)
 
 
 
 

活動報告書はこちらから印刷できます
kousi katudouhoukokusyo.pdf へのリンク 
 
3月度 誌友会の「テーマ」と「テキスト」のご案内
            
  テーマ テキスト
相愛会誌友会 「実践しよう、自然と
 調和した生き方を!」
『宗教はなぜ
 都会を離れるか?』
「いのちの環」3月号
「生長の家」3月号
相愛会・白鳩会合同-家族で参加出来る誌友会 テーマ・テキストは、相愛会・白鳩会誌友会のテーマ・テキストを参照 
白鳩会誌友会 「リメイクで、エコな暮らし」 『生長の家ってどんな教え?』
『新版 生活の智慧365章』
「白鳩」・「いのちの環」・「日時計24」・「生長の家」3月号
白鳩会壮年の
誌友会
  各会場で違いますのでお問い合わせ下さい
白鳩会母親教室 「美しい地球を子供たちに/平和の種をまきましょう」 『生長の家ってどんな教え?』
『平和のレシピ』
「白鳩」3月号
「日時計24」3月号
青年会誌友会
(ヤングミセス)
白鳩会母親教室のテーマ・テキスト 
青年誌友会
(誌友会、花のつどい) 
「前向きな自分に
 なるために」
「日時計24」3月号
栄える会例会 「希望を成就するための
     十二の鎖の輪」
『新版 栄える生活365章』
『憲法を知ろう』
「七宝の塔」3月号
 
    
宗教法人 生長の家 岡山県教化部  copyright2005 SEICHO-NO-IE All rights reserved.