生長の家岡山県教化部
生長の家の教えとは 沿革 環境への取り組み 吉備だより
組織だより 吉備連成会だより 今週の智慧の言葉 教化部・各道場のご案内 リンク
 
 3ヶ月前 | 2ヶ月前 | 1ヶ月前 | 最新 
「講習会目標突破、大盛会!」ありがとうございます!
教化部長
 このたびの台風19号により甚大な被害の報道等を受け、被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧と、皆様が平穏な暮らしを取り戻すことができますようお祈り申し上げます。
生長の家を信仰する私たちは、頻繁に起こる自然災害などの報道を受け、台風を巨大化させる地球温暖化をできるだけ抑制するため、引き続き自然と人間が調和する“新しい文明”の構築を進めるべく取り組むとともに、使命感をもってこの生き方を広く伝えていくことを喫緊の課題として取り組まなければなりません。その絶好の機会となるのが、来る12月8日(日)岡山県下5会場において、生長の家総裁・谷口雅宣先生、生長の家白鳩会総裁・谷口純子先生よりご指導賜り、兵庫教区と初のペア開催となる生長の家講習会であります。
 岡山教区、幹部・会員の皆様、昼夜を問わず、祈りとともに講習会推進にご挺身くださり、心より感謝申し上げます。
 10月より、相愛会では「よろこびの相愛会長・推進者の集い」、白鳩会では「講習会地区別感謝祭」が開催され、各会場や地区連会長宅へ訪問させていただいております。ご参加いただいた方々からの推進事例や報告は、どれも感動的で、「講習会目標突破、大盛会」を確信させていただくものばかりでありました。
さらに岡山教区の幹部・会員の皆様は、大聖師・谷口雅春先生が「智慧の言葉」の中で、「恐れる代わりに働くものは遂に勝ち、呟く代わりに働くものは遂に勝つ。生長する人には恐れる時間と、呟く時間はないものである」とご教示くださっていますが、その言葉を素直に受け、使命感に燃え、「この目標を必ず達成しよう!」との意気込みを感じ、その真摯な信仰姿勢に心から感銘を受けております。
 大聖師・谷口雅春先生は、「人類に真理を伝えるのが神を愛する道である」と題して、次のようにご教示くださっております。

 神を信じ神を愛するとは、単に本を読んで真理を悟るだけでは足りないのである。神が霊であり、神が愛であることを悟るならば、その悟りは愛の実践によって裏附けられなければならないのである。神を愛するとは本尊の前に跪(ひざまず)き額(ぬか)ずいて、自分の利益が来るように祈ることではないのである。神を愛するとは、人類を愛することである。人類を愛するとは、手近にいる人々の苦しみや悩みを救うことである。(後略)
                 谷口雅春先生著『新版 真理』第九巻336頁より

 このように、「神を愛する」私たちは、この講習会の推進が「愛の実践」の場であり、人類を愛し、手近にいる人々の苦しみや悩みを救う場でもあり、さらに私たちの信仰深化を図る絶好の機会と受け止め、環境に呟くことなく、常に日時計主義の生き方を実践して、「どんな環境においても最善を尽くす」との思いで、喜びをもって使命邁進することが何より肝要であります。
 さあ、講習会開催まであと数日となりましたが、開催までの一日一日を大切に、常に三正行の実践により、「善一元の神への信仰」をさらに深め、一切の自己限定を排し、家族はもとより、職場や地域で縁のある方々、友人・知人等に講習会の開催をお伝えし、悔いの残らない活動に邁進して、今こそ岡山教区の信仰の底力を遺憾無く発揮してまいろうではありませんか。
 さらに私たちのために終日ご指導いただける、生長の家総裁・谷口雅宣先生、生長の家白鳩会総裁・谷口純子先生に感謝の誠を捧げるとともに、喜びをもって両先生とすべての参加者を温かくお迎えすべく、真心込めて最善の準備をすすめてまいりましょう。
岡山教区の皆様、「すでに講習会目標突破、大盛会!」ありがとうございます。
 
宗教法人 生長の家 岡山県教化部  copyright2005 SEICHO-NO-IE All rights reserved.